先輩メッセージ

法学部中退

2015年入社

エンジニアリング部

小幡 惠介

先人が作ったシステムを自分の知識とノウハウで最新に置き換えていく。
図面は問題集。謎解きの瞬間が最も楽しい。

元テレビマン。なんとなく面白そう、が入社のきっかけ。

大学を中退してキー局のアシスタントディレクターをやっていました。そんな自分が計装の仕事に就くなんて、考えてもいませんでした。テレビの仕事は楽しかったですね。ただ、やはり忙しい。将来本当にこの世界で生きていきたいのかな?と考えた時に、京都に戻って転職する道を選んだんです。

京都EICは就職支援イベントで見つけました。26歳の時ですね。法学部出身ですから、技術的な話なんてほぼ理解できませんでした。でも、面白そうだったんですよ。規模が小さいのに硝子計装ではシェアが凄い。海外にも進出している。今の自分に出来るか?ではなく、この仕事やってみたいなと感じました。それが入社を決めた理由です。

入社してみて感じたのは、想像していた以上の面白さ。初めのうちは先輩について現場を回りました。機器の役割や稼働の仕方など、とにかく覚えるしかない。色々と覚えたことがつながって、徐々に全体像が見えてくる。もともと理系的なことが好きだったというのもあるんですが、覚えていくことは楽しかったです。

図面には、必ず答えがある。答え合わせの毎日が自分を育ててくれた。

記憶に残っている仕事は、最初に任された仕事。ガラスファイバーを冷やしていく乾燥炉の制御盤の作成でした。既存設備の更新ですから、まずは今動いているシステムの構造把握が必要になります。過去の図面を手がかりに読み解くしかないのですが、図面と実際が合わないことも多い。図面と現場を睨めっこしながら、新しい図面を作るのに半年くらいかかりましたね。結局作った図面は約50枚。この仕事を通して様々なことを学びました。例えば、過去の図面には当時の製作者のノウハウがちりばめられている。図面を見ながら、なるほどこうしてるんだな、とか知識を吸収する。自分だったらどうするか?を考え、新しい図面には自分のノウハウを入れてみる。過去の図面を見ながらの答え合わせが、今の自分を育ててくれたと思っています。

良い意味で「だらん」とした会社。自分の裁量で仕事を進められる。

この会社の好きなところは、よい意味で「だらん」としたところですね。社風だと思いますが、縛られた感じがしない。中途入社なのでいくつもの会社を見てきましたが、最も自分の裁量で仕事を進められる会社だと思います。規模がまだ小さいから、ということもありますが、ルールがあまり決められていない。学びたいことがあれば学ばせてくれるし、自分がやりたいことがあれば言えばいい。良い意味で、会社を自分が使える。それが魅力ですね。

コンピューター理工学部出身

2010年入社

システム部 主任

田部 佳右

自分が携わった商品が世界で使われているのを実感すると、年間100日の海外生活も、
言葉の大変さもすべてが喜びと楽しさに変わります。

技術の道を仕事にしたい。必然的にこの会社に決めました。

大学ではC言語を学んでいました。リーマンショックがあったので、就活は結構大変でした(笑)。理系にこだわらず活動しました。内定はいくつか貰いましたが、技術営業的な仕事ができる会社は京都EICだけでしたので必然的にこの会社に決めました。
入社後は先輩について公共関係の仕事をしました。よく河川敷に行くと大雨が降った時に開閉するゲートがありますよね。あのゲートには動作を制御する制御盤がついています。その制御盤がきちんと動いているか?確認をするのがはじめの仕事でした。
複数のゲートを確認する必要があるのですが、どうしても時間がかかる。チェックが遅いと怒られながらやっていた記憶があります。今自分の部下だとしたら自分も怒っていると思いますから、ダメダメだったんですが(笑)、今となっては良い思い出です。

世界5か国。硝子炉の燃焼制御なら、どこにも負けない自信がある。

現在携わっている仕事は、ガラス燃焼制御システムの作成。ガラス材料を調合し高温度で融解させるためには熱制御が必要になる。燃料に対して11倍の空気を入れると理想の燃焼状態で燃やすことができるのですが、この流量制御のプログラムをPLC(プログラマブルコントローラ)という装置に書き込むのが仕事です。最近は海外での作業が増えています。今までに中国、台湾、韓国、タイ、フィリピンと5か国で作業してきました。

最も記憶に残っている仕事はフィリピンでの案件。たまたま海外製のPLCを使っていたため、社内で誰も作ったことがないのでわからない。まだ仕事に慣れていなかったこともあって、3歩進んで2歩下がる状態の毎日でした。
さすがに今は仕事にも慣れましたが、それでもトラブルはついて回ります。例えば燃やしているのに温度が上がってこない。炉内の表示圧力と体感圧力が違う。測定機器の施工状態が悪いだけでこうしたトラブルは起ります。海外にはシステムと現場の2名が派遣されることが多いのですが、最後まで残るのはシステムの私たち。責任を持って製品を納品するためにも、現場のどんなトラブルにも対応できることが求められます。システム部だからといって、プログラムを書くことだけが仕事ではないということです。

1年前に主任に就任。超えたい先輩の後ろ姿を追い越す明日を求めて。

主任になって実感しているのは、仕事を後輩に任せていくこと。自分がやった方が早い。でも下を育てなければ意味がない。上司や先輩も同じ悩みの中で自分を育ててくれたんだと、今さらながら実感しています。
超えたい姿は、次長の安田さんですね。なんでもできる人なんですよ。オールマイティ。自分たちの仕事はプログラムを作るだけじゃない。現場に精通して、すべてに応えられる。まだまだ安田さんには敵いませんが、いつか超える日を目指しています。

ライフデザイン学科出身

2017年入社

システム部

植村 裕美

誰かのために=自分のために。今日も明日も変わらず目指すこと。
そのために大切なことは、プラスαの仕事を相手に返すこと。

不動産営業の内定を蹴って選んだ会社。決めては会社イベントの写真でした。

短大ではスポーツに関わる栄養関係の勉強をしていました。就活は不動産営業の内定をもらっていたのですが、なんか違うなというか。そんなことを考えていた時に出会ったのが京都EICでした。決めては会社イベントの写真。普通の食事風景だったんですけど、奥にいる人も笑顔で、本当に良い会社なんだろうな、と思ったんです。結果的に内定を蹴って、この会社に入社していました(笑)。
現在の仕事は庶務業務とアシスタント業務の2つ。アシスタント業務は、制御画面を書く仕事です。庶務業務は、システム部のミーティング資料作成や、若手社員が作った資料の添削をしたりしています。領域の違う仕事を色々しているように見えるかもしれませんが、私にとってはどれも大切な仕事です。

正確さと見やすさの追求。自分が納得しないモノは、相手も良いと思わない。

仕事でのこだわりは、自分が納得するかどうか。例えば制御画面の作成ですが、私が作成した画面がそのままお客様の制御画面になります。一度作ったら何年も使い続ける画面ですから、出来るだけ「使いやすい画面だ」と思って欲しい。配管が多いなら、なるべく被らないようにして間隔も統一したい。簡単に言うと、どれだけシンプルに見せることができるか?そのためには、図面に正確であることと、見やすいこと。この2つをどれだけ実現できるかがカギだと思っています。今まで40枚くらいの図面を書いてきて、最近は自信もある程度ついてきましたけど、まだまだですね。もっと太い線にしておけばよかったとか、もっとスペースを取って配管を並べればよかったとか、完全な満足をしたことはありません。色の使い方とか、シンプルにさせる手法とか。まだまだ学習途中です。

入社1年目は1を1にしかできなかった。今は1言われて3.5の仕事がしたい。

どんな仕事でも同じだと思いますが、同じことを続けているだけじゃダメだと思います。うちの会社のよいところは、わからないことがあれば教えてくれるところ。いろいろ教えてもらって知識を増やすことで、毎日進歩することを心がけています。入社1年目は1言われて1やるのが精一杯でした。でも今は1言われて、1.5とか2はできるようになったと思っています。でもまだまだ。1言われて3.5できるようになりたい。先を見て仕事ができるようになれば、相手の期待を上回るアウトプットを出すことが可能になりますし、修正や作り直しの手間も減ります。結果的に、自分の仕事も楽になるということ。
プラスαの知識を覚えて、先を見て仕事をする。私が日々心がけていることです。

経営学部出身

2013年入社

総務部 主任

池上 健太

倉庫の片付けから採用活動まで。一見すると「なんでも屋」
本質は、会社の明日を作る仕事です。

経営に関わりたい。総務なら業務すべてが見えると思ったんです。

経営学部だったから、というわけでもないのですが学生時代は経営に関わる仕事に就きたいと思っていました。金融、物流、小売。就活は業界を決めずに様々な会社を受けましたが、総務に携われるということで京都EICに決めました。総務であれば、会社の業務すべてを見ることが可能ですから、当時自分が考えていた「経営に関わる」ということに近いと思ったんです。

実際仕事に就いて感じましたが、思った以上に仕事の幅が広い。昨日合同説明会で学生の前で会社の魅力について語ったかと思えば、今日はシステム部が購入した機器の受入れ検査や照明の入れ替えをしている。資材部なのか人事部なのか総務部なのか?自分でもよくわからなくなります(笑)。でも、そこが総務の面白さなんですよね。すべての部署と関わるわけですから、様々な声も集まってくるし、それぞれの部署の業務も見える。会社の「今」を常に感じることができる仕事だと思います。

インターンシップは、学生・社員双方にとって意味のある場所

仕事の中で力を入れているのは採用です。特にインターンシップは学生の皆さんを受け入れて就業体験を行う場ですから、社内の調整含めて様々な点に気を使いながら行っています。EICの業務を知ってもらうためにどんなプログラムにするか?例えば制御画面の作成を実際に体験してもらうことで、計装とは何か?を理解する。エンジニアに同行してお客様に訪問する。機器のオーバーホールを実際に行ってみる。京都EICという会社の現場に触れることで、働くことの楽しさを知ってもらいたいと思いながらプログラムを作っています。また、インターンシップは学生だけでなく、従業員にとっても刺激を受けるよい機会だと考えています。学生の皆さんに自分の仕事を教えることで、自分の仕事の面白さや重要さを改めて実感できる。自分の成長の場でもあると思います。
学生・社員双方に京都EICの仕事を理解してもらうことで、お互いが成長する。インターンシップを通して会社も成長してくれたら嬉しいです。

採用を通して、会社の明日を作ることに携わりたい。

今後の目標ですが、自分が中心になって採用活動を行えるようになりたいです。まだ次長の中野さんに教わりながら合同説明会や面接を行っていますが、自分の責任で人を採用できるようになりたいと思っています。採用は会社の明日を作る仕事です。入社した皆さんが活躍する。活躍する人を見て他の従業員が、自分も頑張ろうと思う。そして会社が拡大していく。このスパイラルを作れる人間になりたいです。